jssst sig-ppl

第24回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ
PPL 2022

日程: 2022年3月6日(日) 〜 8日(火)
会場: 東京工業大学 70周年記念講堂 (ハイブリッド開催予定)
〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1
主催: 日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会

おしらせ

PPL 2022 の開催形式について

PPL 2022 は,通常の研究会形式での開催となります.また,発表者を含む全ての参加者がオンライン参加と現地参加とを自身で選択できる,ハイブリッド形式を採用する予定です.

以前の PPL は合宿形式で開催しておりましたが,COVID-19 の影響により,前々回の PPL 2020 は現地開催を緊急中止し,前回の PPL 2021 もオンラインでの開催となりました.今回の PPL 2022 につきましては,現地での開催への最初のステップとして,合宿形式ではなく,通常の研究会形式での開催を採用することとなりました.

現地開催を目指す PPL 2022 ですが,参加者によっては現地での参加が難しい可能性もあります.そのため,発表者を含む全ての参加者について,現地参加とオンライン参加とを選択可能とする予定です.なお,ポスター・デモ発表のセッションにつきましては,現地開催とオンライン開催を同時に行うことは技術的に困難です.そのため,全てのポスター・デモ発表について必ずオンラインセッションでの発表を行いますが,現地に来られた参加者だけが現地参加する特別な「ポスター・デモ発表の現地セッション」を設ける可能性があります.

なお,状況によっては完全オンラインでの開催へ移行する可能性もあります. 開催形式の変更に関する判断は,少なくともワークショップ開催の 2ヶ月前までを目処に行う予定です.開催に関する詳しい動向は随時 Web ページ等で公開します.

目的および概要

PPL 2022 は,プログラミングとプログラミング言語に関連する幅広い分野の研究者・技術者・学生が一堂に会し,最新の研究成果や新たな研究課題の提案・討論・アイディア交換を行うことを目的とした研究集会です.代表的なトピックは以下のようなものですが,これらに限らず,プログラミングやプログラミング言語に関する内容であれば,基礎理論・実装技術の研究からソフトウェアやツールの実現に至るまで,幅広く受け入れます.

基礎理論: 意味論,ラムダ計算,型理論,項書き換え,形式論理と証明,形式言語とオートマトン,圏論,チューリング機械,アルゴリズムなど
言語デザイン: 各種プログラミングパラダイム(オブジェクト指向・関数型・論理型・アスペクト指向,その他あらゆるパラダイムを含む),モジュール化,メタプログラミング,並行・並列・分散計算,型システム,言語や言語システム等の相互運用,領域限定言語など
言語処理系技術: コンパイラ,インタプリタ,実行時システム,仮想機械,プログラム最適化,プログラム解析,プログラム変換,メモリ管理など
プログラミング補助: プログラム検証器,デバッガ,プロファイラ,統合開発環境,プログラム合成,リファクタリングなど
ケーススタディ: ソフトウェア開発報告,プログラミング技法,ツールの紹介など
応用: システムソフトウェア, Webシステム,データベースシステム,数値計算,ユーザーインタフェース,セキュリティ,プログラミング教育,人工知能・機械学習など

発表募集は以下の4カテゴリに分けて行います.

カテゴリ1: 国内外未発表論文
カテゴリ2: 国外既発表論文
カテゴリ3: ポスター・デモ発表
カテゴリ4: サーベイ・チュートリアル

カテゴリ1の採択論文の中から,特に独創的なアイディアや顕著な成果を含むものに対して論文賞を授与する予定です.さらに,カテゴリ1・2・4 の全発表のなかから最も聴衆の支持を集めたものに発表賞,カテゴリ3 の全発表のなかから最も聴衆の支持を集めたものにポスター賞を授与する予定です(いずれも一般の部・学生の部の 2種類,ただし「発表賞」は既受賞者を除く).

募集要項

カテゴリ1 (国内外未発表論文)

カテゴリ1では,国内外で未発表の論文発表を募集します.PPL での議論をもとに研究を発展させ,国際会議や学術論文誌への投稿につなげることを奨励しています.そのため,予稿集の配布は参加者のみへの限定的なものとします. 参加者相互で実りある議論ができるような,発展途上の研究を特に歓迎します.複数名の査読者による研究の発展性・重要性・根拠の確かさ・説明の明瞭さの評価をもとにプログラム委員会で議論し,採否を判断します.特に以下の点にご注意ください.

発表申込締切: 2021年12月24日(金) 17:00 (JST)

論文提出締切: 2022年1月7日(金) 17:00 (JST)

採否通知: 2022年1月31日(月)

カテゴリ2 (国外既発表論文)

カテゴリ2では,国際会議や国際学術論文誌等で発表された,または採録決定済みの,国内では未発表の研究成果の紹介を募集します.PPL との関連性,プログラム全体のバランス,発表された媒体等をもとにプログラム委員会で議論し,採否を判断します.

発表申込締切: 2022年1月21日(金) 17:00 (JST)

採否通知: 2022年2月1日(火)

カテゴリ3 (ポスター・デモ発表)

カテゴリ3では,PPL に関連する内容(未発表・既発表いずれでも構いません)についてのポスター発表を募集します.萌芽的なアイデアの紹介やツールのデモンストレーションなども歓迎します.PPLとの関連性・プログラム全体のバランスをもとに,プログラム委員による議論によって採否を判断します.

発表申込締切: 2022年 2月2日(水) 17:00 (JST)

採否通知: 2022年 2月 4日(金)

カテゴリ4 (サーベイ・チュートリアル)

カテゴリ4では,研究動向の紹介・分野間の相互理解・ツールのチュートリアルなど,PPL の聴衆にとって有益な学術知識の紹介を募集します.未発表・既発表の別を問いません.PPL との関連性,内容の重要性,発表者の経歴,プログラム全体のバランス等をもとにプログラム委員会で議論し,採否を判断します.

発表申込締切: 2022年1月21日(金) 17:00 (JST)

採否通知: 2022年2月1日(火)

ワークショップ全般に関する問い合わせ先

ppl2022-oc[at]googlegroups.com ([at]を @ に置き換えてください)

発表/プログラムに関する問い合わせ先

ppl2022-pc-chair[at]jssst-ppl.org ([at]を @ に置き換えてください)

運営組織

プログラム委員会

プログラム共同委員長稲葉 一浩Google
プログラム共同委員長江本 健斗九州工業大学
青戸 等人新潟大学
石崎 一明日本IBM
今井 敬吾岐阜大学
勝股 審也国立情報学研究所
菊池 健太郎東北大学
倉光 君郎日本女子大学
小宮 常康電気通信大学
酒寄 健東京大学
佐藤 重幸東京大学
佐藤 亮介東京大学
澄川 靖信拓殖大学
宋 剛秀神戸大学
叢 悠悠東京工業大学
高野 保真北里大学
千葉 滋東京大学
中澤 巧爾名古屋大学
中正 和久山口大学
中丸 智貴東京大学
橋本 健二名古屋大学
日高 宗一郎法政大学
藤田 憲悦群馬大学
前田 敦司筑波大学
増原 英彦東京工業大学
室屋 晃子京都大学

組織委員会

組織委員長新屋 良磨秋田大学
組織副委員長関山 太朗国立情報学研究所
財務担当和賀 正樹京都大学
財務副担当山田 晃久産業技術総合研究所
会場担当叢 悠悠東京工業大学
会場副担当北川 舞
渉外担当水島 宏太OPT, Inc.
プログラム共同委員長稲葉 一浩Google
プログラム共同委員長江本 健斗九州工業大学
前プログラム共同委員長上野 雄大東北大学
前プログラム共同委員長海野 広志筑波大学

過去のPPL

PPL2021, PPL2020, PPL2019, PPL2018, PPL2017, PPL2016, PPL2015, PPL2014, PPL2013, PPL2012, PPL2011, PPL2010, PPL2009, PPL2008, PPL2007, PPL2006, PPL2005, PPL2004, PPL2003, PPL2002, PPL2001, PPL2000, PPL1999